« 有価証券報告書虚偽記載に係るオーナー経営者の責任 | トップページ | 年金保険に関する最高裁判決 »

2010/07/06

保険金年金の二重課税認定=処分取り消し命令―国の逆転敗訴確定・最高裁

取り急ぎ: 保険金年金の二重課税認定=処分取り消し命令―国の逆転敗訴確定・最高裁(時事通信) - Yahoo!ニュース. から。

夫の死亡で支払われた生命保険の特約年金に、所得税を課すのは二重課税に当たるとして、長崎市の無職女性(49)が国に課税取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は6日、二重課税を禁じた所得税法に違反するとして、国が勝訴した二審判決を破棄し、課税処分の取り消しを命じた。国の敗訴が確定した。

今年の税制改正で手当てする項目として、主税局の皆様の頭にインプットされたことでしょう。民主党政権との蜜月が続けば、無理筋な法改正も全然スルーだし(昨年の小規模宅地特例の後退が良い例)。

|

« 有価証券報告書虚偽記載に係るオーナー経営者の責任 | トップページ | 年金保険に関する最高裁判決 »

「Tax (Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/48810386

この記事へのトラックバック一覧です: 保険金年金の二重課税認定=処分取り消し命令―国の逆転敗訴確定・最高裁:

« 有価証券報告書虚偽記載に係るオーナー経営者の責任 | トップページ | 年金保険に関する最高裁判決 »