« 経営者の再就職・再チャレンジ | トップページ | 期末 »

2010/02/08

つくろって済むことなのか

nikkei.net KDDI、JCOMへの出資比率3分の1以下に 金融庁指摘でから。

取得予定だった株式のうち、3分の1を超える部分(約4.5%分)の引受先について、取引金融機関などと協議を始めた。リバティが保有株をすべて手放し、KDDIが筆頭株主になる枠組みは維持する方針。4.5%分のJCOM株は単純計算で400億円を超えるため、引受先の確保が当面の焦点となる。

そこまで相対に拘る理由は何なんでしょうかね。売り手である米国LLC側の事情としか思えませんが。

ところで、今回は金融庁と調整済みなんだとは思いますが、疑問が1つ。共同保有者にならない株主を選ばなければなりませんよね?実質論が続くと、たとえ明文の合意がなくても、議決行使について暗黙の同意や同意せざるを得ない実態ががあった場合は、やっぱり法の精神には抵触するという論点もあり得る思うのですが、いかがでしょうか。

|

« 経営者の再就職・再チャレンジ | トップページ | 期末 »

「Business Law (Japan)」カテゴリの記事

「Financial Management」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/47511070

この記事へのトラックバック一覧です: つくろって済むことなのか:

« 経営者の再就職・再チャレンジ | トップページ | 期末 »