« 大和SMBC、大和の100%子会社に | トップページ | グループ法人単体課税制度 »

2009/10/07

書評:ジャパンプライド

知人から「面白いよ」とジャパン・プライドを紹介されました。

メガバンク(作中では東西銀行となっていますが、作者はどこに取材して、どこを念頭に置いたのでしょうか?)の行員達とその顧客等が、リーマンショックを切り抜けるべく動き回る様子を描いたフィクションです。最後に関係者が集まる場を作ってはいますが、1つの小説として描くには無理があったかのではないかと思いました。確かに、現実は複数のストーリーが同時平行で進行し、多くの顧客を抱えるメガバンクの行員としてはそれをマネージしなければならないでしょうが、ちょっと欲張り過ぎてないかなぁと。

印象に残ったのは、「日本人は打たれ強くなった」という言葉です。幕末から明治維新の世代や敗戦から高度成長期の礎を築いた世代も強かったとは思いますが、バブル崩壊後の世代も随分頑張ったと思います。私自身についてもそう思いたいです。しかし、だからといって「日本経済最強」とは思いません。ここからが正念場です。そういう思いを強くしました。

|

« 大和SMBC、大和の100%子会社に | トップページ | グループ法人単体課税制度 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/46420916

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:ジャパンプライド:

« 大和SMBC、大和の100%子会社に | トップページ | グループ法人単体課税制度 »