« MBO契約 | トップページ | イー・アクセスとアッカ »

2008/07/31

すかいらーく(続報)

すかいらーくの件で、31日付日経新聞に詳報が出ていました(nikkei.netでは詳しくないので、リンクは貼りません)。

記事で1つひっかかったのは、「すかいらーくの業績がある時点で一定水準を下回ると、投資会社の持つ株式が銀行団に担保として移る契約」があり、それが野村PIさんを駆り立てているという記述です。ここでの疑問は、第1に、今回躍起になっているのは野村PIさんだけなのか、第2に、担保として移ることで何が問題なのか、ということです。

第1の点ですが、日経新聞の記事は、「野村プリンシパルを駆り立てる」という言葉と「野村などに残された時間はあまりなく」という言葉を微妙に使い分けているようにみえます。本件では、エクィティーを出している投資会社は野村PIだけではなく、CVCという海外のファンドもいます。そちらの姿勢はどうなんでしょうか。記事的には野村と同調しているように見えますが、本音の部分ですね。野村PIさんのような日系のファンドは、「外資ほど短期的な見方はしない」という話が多いと思うのですが、実際の「仕振り」が問われているのではないでしょうか。

第2の点ですが、「保有株式が担保として移る」ってどういうことなのでしょうか。略式質であれば、名義も議決権も銀行団には移りませんから、実質的に株式としての立場は変わらない気がするのですが。そもそも今回資金調達しているのは(新)すかいらーくですが、銀行団が融資先の会社の株式を担保としてとりにいくというのは、債権保全上の意味があることなのでしょうか。担保としてとり、質権を行使して株式を取得しても処分できないと思いますし、経営権を銀行団がとるというのも現実的ではない気がします。担当者の社内での立場が悪くなるのは確かですけど...。

いずれにせよ、来月の臨時株主総会に向けての当事者間の動きに注目ですね。

|

« MBO契約 | トップページ | イー・アクセスとアッカ »

「Business Law (Japan)」カテゴリの記事

「Financial Management」カテゴリの記事

「Management」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

そもそも、LBO契約の中身なんて守秘義務を負うヒトしか知らないはずでしょう、ナゼ、漏れているですか、などとシゴト柄思うのですが、それはさておき。

>「保有株式が担保として移る」ってどういうことなのでしょうか。

 実質的な借り手は野村PIで、投資ファンドは追加的な投資負担はコミットしないから、簡単に会社を放棄されては銀行としては困るので、支配権の移転ならぬ「塩漬け」を武器に、野村PIの「やる気」を引き出す仕掛け....でしょうか

 単に日経が、アセット・ディスポーザル条項の理解を誤っただけなんじゃないかと、ビミョーに疑っています。

投稿: minori | 2008/08/08 00:00

minoriさん、コメントありがとうございます。

なるほど、やばそうだから株をさっさとディストレスト投資ファンドに売って逃げるのはだめよという趣旨ですか。なんとなく納得。

譲渡制限条項の書き方が誤解しやすいのか、そもそも情報漏えいして誰がメリットがあるのか、はおいておきますが...。

労組はファンド案に賛成して外堀は埋まったのに、横川さんがご自身の留任に執念を燃やされる理由はなんなのでしょうね。

投稿: krp | 2008/08/08 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/42021089

この記事へのトラックバック一覧です: すかいらーく(続報):

« MBO契約 | トップページ | イー・アクセスとアッカ »