« タッチの差? | トップページ | 法律事務所の後継者難 »

2008/06/30

進取の精神 学の独立

29日付日経新聞知っている歴史上の人物、大隈重信35%未満 小6学力テストから。

文部科学省は27日、小学6年生と中学3年生約1万6000人を対象に2007年1―2月に実施した学力テスト「特定の課題に関する調査(社会)」の結果を公表した。小6で都道府県の位置を尋ねた問題は福井県や徳島県の正答率が低い傾向が判明。歴史上の人物と業績を組み合わせる問題では、福沢諭吉や野口英世の正答率が高く、大隈重信や大久保利通らは低かった。

私も学校の日本史の授業で幕末以降について勉強した記憶はございません。指導要領がいけないのか、先生がいけないのか、生徒の理解力が足りなかったからなのかはわかりませんが、これではいけない気がします。明治・大正・昭和の功罪を議論する余地を作るのって大事だと思うのですが。

福沢さんと野口さんはお札に肖像が使われていますから有利だったと思いますので、いっそ大隈さんや大久保さんや西郷さんもお札になって頂くと違うのかもしれませんが、「政治家は使いたくない」という財務省の意向があると聞いていますので、それも望めません。そもそも本質的な話ではありません。

|

« タッチの差? | トップページ | 法律事務所の後継者難 »

「Others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/41691853

この記事へのトラックバック一覧です: 進取の精神 学の独立:

« タッチの差? | トップページ | 法律事務所の後継者難 »