« 実質的な相対取引による自己株式取得 | トップページ | 読了『ファミリーウェルス:三代でつぶさないファミリー経営学 改訂版―ファミリーの財産を守るために』 »

2008/04/02

日光結構・・・

先週の週末に家族で日光へ行きました。申年の娘に三猿を見せるのもおつかな、という単純な発想であります(^^;

実は、世界遺産になってから日光に行くのは初めてであります。結婚当初は、当時の勤務先の健康保険組合が中禅寺湖の近くに保養施設を保有しており、日光湯元温泉から引いた白濁の湯を格安料金で楽しみに何度も足を運んだのですが、当然のように当該施設は売却されましたので、訪れるのは10年ぶり位です。

東照宮は一部改装工事も行われていましたが、観覧者の国籍が増えていたこと以外は、さほど変わらない印象でした。午後に行きましたので、神馬はいませんでしたが、三猿を含む猿の彫刻も眠り猫も、何事もなかったかのように「ちょこんと」そこにありました。鳴き竜はきちんと「鳴いて」いました。中禅寺湖畔の商店街も、多少の変化はありますが、美味しかったレストランや地酒を買った酒屋さんは健在で、安心を致しました(今回は寄らなかったので、中身はわからなかったりしますが)。

驚いたのは、いろは坂を登っていくとと明智平近くで、猿の群れを見たことでしょうか。数匹ではありませんで、20匹近くの群れです。行きかう車を無視して行動していましたので、明智平のレストハウスは、ロープウェイ工事中で余り人もいませんでしたが、仮に観光客でにぎわっていたとすると、結構猿につきまとわれた可能性はあると思いました。以前はこんな風景は見ませんでした。TV等で猿害の話は見ていましたが、人間が招いた結果とはいえ、かなり注意が必要のようです。

栃木県といえば、野村証券グループに売却されることになった、一時国有化されている足利銀行のお膝元です。鬼怒川等の温泉旅館が再生ファンドの対象になったと記憶しています。日光界隈はどうなのかなと思っていたのですが、決して「元気」とはいえないものの、激変もせずに生き抜いているという印象です。また、トップシーズンに行くことはしませんが、機会があればまた足を運んでみるのも良いなと思いました。

旅行中にもうひとつ驚いたのは、中禅寺湖付近にも雪が降ったことです。道路には、大した積雪にはなりませんでしたが、やはりここは「山沿い」なんだなと。予定外の雪見風呂を楽しむことになりました。一方で、宿の駐車場で、久しぶりに車に積もった雪をおろす作業をすることにもなりました。「この時期は1日で複数の季節に出会います」という宿の方のコメントに、相槌を打って、日光市内並に寒い東京へ帰ってきたのでした。なお、奥日光は火曜日も雪だったそうです。

タイトルですか?まぁ、私みたいなおっさんにはわかると言うことで。

|

« 実質的な相対取引による自己株式取得 | トップページ | 読了『ファミリーウェルス:三代でつぶさないファミリー経営学 改訂版―ファミリーの財産を守るために』 »

「Others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/40734130

この記事へのトラックバック一覧です: 日光結構・・・:

« 実質的な相対取引による自己株式取得 | トップページ | 読了『ファミリーウェルス:三代でつぶさないファミリー経営学 改訂版―ファミリーの財産を守るために』 »