« 書評「新会社法の実務Q&A」 | トップページ | 色々(テスト) »

2005/12/15

会社を売ると決めたら

Accounting Blog " Advice For Selling Your Business "から。



Thinking of selling your business? One of the first things you should know is that the process is far from a precise science. For example, business valuations can vary greatly depending upon the type of business, the valuation method used (there are several), and a variety of financial factors (which generally boil down to three things: assets, profits and/or cash flow). As if that weren’t enough, sometimes the most important factor in a company’s sale has nothing to do with the numbers- instead, it relates to the buyer’s motivation.


事業の売却プロセスというのは精緻で科学的とはとてもいえない、というのはその通りです。買いたい人と売りたい人がいて、価格で合意しなければならない訳ですから、関連当事者の損得勘定が表に出るというとても「ドラマチック」なものだというのが、私の経験です。このコラムは売り手が考えておくべきことを4つのポイントに整理してくれています。


1) Start early. (早く始める)


事業を売りやすい状態にする為の時間を確保する為に、できれば3年前から準備を始めるべきだというのが、筆者のアドバイスです。これができれば苦労はありません。売ることを決めている事業に3年も付き合う人は普通はいませんから。


2) Systemize your business.(事業をシステム化する)

事業の進め方がオーナーの頭の中にしかない状態ですと、他人が買うには大きな障壁となります。マニュアル化されていて、他人でもある程度はできるようにしてある事業は高く売ることができます。

3) Optimize your financial performance.(業績を最大限あげる)

多くの場合、買い手は将来キャッシュフローを買う訳ですから、それを大きく見せられる事業の売値は高くなります。

4) Think of business valuation as a starting point.(交渉のたたき台となる売却希望価格を考える)

買い手と売り手が最初から価格で合意することはまずありません。売り手は事業を高く売りたいと考えるのは当たり前です。ただし、法外な値段ですと交渉のテーブルにつく相手がいなくなってしまいますので、注意が必要です。また、筆者は触れてはいませんが、売り手が先に価格を言い出すと、それが上限になりますので、切り出すタイミングも重要です。

事業を売却する決断は関係者が多くなればなるほど難しいものです。実際には、売る為の交渉を開始した後で「やはり止めた」というケースを結構経験します。自分の役割を起業だけと割り切る方もいらっしゃるのでしょうし、ある意味ではその方が上手く行くのかも知れませんが、私の遭遇する方々にはそういう方は少数派と感じています。

|

« 書評「新会社法の実務Q&A」 | トップページ | 色々(テスト) »

「Financial Management」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/7638859

この記事へのトラックバック一覧です: 会社を売ると決めたら:

» M&AとWINTRADE [会社を売るということ]
WINTRADEは中小企業経営者のM&Aニーズにお応えするために開設されている。 中小企業の場合、大企業・有名企業と違いM&Aというものは、あまり活用されていなかった。 中小企業がM&Aをする際に最も手間がかかることは、M&Aの相手を探すこと...... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 17:46

« 書評「新会社法の実務Q&A」 | トップページ | 色々(テスト) »