« 純粋持株会社設立はいいけれど | トップページ | 会社法関係の法務省令案がパブコメに »

2005/10/07

支配権目的の投資ファンドが子会社上場を提案する?

6日付日経新聞村上ファンド、阪神タイガーズ上場提案から。

阪神電気鉄道の筆頭株主となった村上世彰氏が率いる投資ファンド、M&Aコンサルティング(東京・港)が阪神電鉄に対して、傘下のプロ野球球団、阪神タイガースの株式上場を提案していることが4日、明らかになった。数年内に阪神タイガース株の公募・売り出しを実施、大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場する内容。選手に株式購入権(ストックオプション)を与えることも盛り込んだ。
関係者によると、村上ファンド側は株主を増やすことで観客動員・グッズ販売の増加が期待でき、収益力を向上できると阪神電鉄の経営陣に説明した、という。

ヘラクレス市場への上場を提案しているのは、自身が大阪証券取引所の大株主だからというご愛敬をかましておられるのはさておき、村上氏は子会社上場を求めているのでしょうか、それとも阪神球団を半身電鉄から完全に切り離す形での上場を求めているのでしょうか。

スポーツ紙などの報道を拝見すると、球団の株主の移動があった場合は、すべてプロ野球機構に届ける仕組みのようですし、プロ野球球団の親会社が変更される時には、オーナー会議の承認が必要なようですから、球団の株式は上場適格とはいえないように思えます。機構にかけあって、株主名簿を四半期毎の提出に緩和することと、阪神電鉄が過半数以上を絶対に保有することを確約すること、そしてそれを大阪証券取引所にのませることができればなんとかなるかもしれません。そうすると、子会社上場になってしまいます。

子会社上場というのはその昔単独決算重視主義であった日本市場独特の制度ですから、私は村上氏のような方が持ち出されるとは正直驚きです。阪神球団の価値を親会社が有効活用していないのであれば、有効活用させた上で利益を吸い上げ、それを親会社の株主に配分するようにさせれば良いことです。せっかく、価値がある子会社からの上がりを子会社の少数株主という外部に流出させるのは得策ではない、というのが私の理解です。

子会社上場は親会社に一時的に売却代金が入ったりしますので、それを特別配当してくれたら「さよなら」したいという思惑でもあるのでしょうか。過去に東京スタイルでも、機関投資家もびっくりの高額配当案を株主総会に議案として提出した村上氏ですから、それはそれで筋が通っているのかもしれません。だったら、全株(少なくとも支配権相当分)売却する提案をしても良かったはずと思います。資産の少しずつ切り売りすることよりも、阪神グループの長期的な企業価値向上の観点からは、完全子会社として継続する(もしくはヤクルト球団のように意味のある株主に一部もって貰う)か、グループから切り離すかの選択肢ではないかと思います。

もうひとつ村上氏が選択肢として提案すべきではないかなと思うのは、「トラッキングストック」です。ソニーが唯一発行したものです。これによっても阪神電鉄は阪神球団の潜在価値を顕在化して資金調達が可能です。それを株主に分配することに回せれば、村上氏には満足なはずです。もちろん、トラッキングストックの保有者は阪神電鉄にも阪神球団にも原則経営参画できず投資家がつきづらいという問題がありますが、子会社上場とて問題ありですから、まとめて提案しておいても良かったと思います。

|

« 純粋持株会社設立はいいけれど | トップページ | 会社法関係の法務省令案がパブコメに »

「Financial Management」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/6294644

この記事へのトラックバック一覧です: 支配権目的の投資ファンドが子会社上場を提案する?:

» 阪神タイガース上場の件について [はぐれバンカーの呟き ~人生マルチンゲール~]
ご老公がえらくご立腹。血圧上がって死にそうな勢い。 巨人渡辺会長激怒「村上阪神あり得ない」 そうですか、野球協約を盾にしますか。 野球協約はある意味買収防衛策の役割を果たしているわけで、まぁ納得。国籍条項については、某お口の恋人はどうなんだと。柔らか... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 22:16

« 純粋持株会社設立はいいけれど | トップページ | 会社法関係の法務省令案がパブコメに »