« 西武グループの構造 | トップページ | 大証「会社情報等に対する信頼向上のための上場制度の見直し等について(案)」 »

2005/01/13

ジャスダック取引所1ヶ月

13日付日経新聞「ジャスダック、取引所移行1ヶ月」(nikkei.netには掲載されていないようです)から。

「重複上場を表明したのは12日に東証2部上場が決まったサンエー1社にとどまる。
店頭市場のころは他市場との重複上場が禁じられ、知名度に勝る東証1、2部への企業流出が後を絶たなかった。2004年のくら替え社数は39社と03年に比べ5社増えた。重複上場が解禁されたが、なかなか期待通りにはいかない。「上場管理料などコスト増に見合ったブランド価値がジャスダックにはない」との厳しい指摘もある」

サンエーというと沖縄地盤のスーパーで、結構収益力あるんですね。重複上場第1号ですから、逆に「なぜ?」という疑問はわきます。何事も第1号が好きな方はいらっしゃいますので、その類かもしれませんが、ジャスダックがどうやって説得したのかに興味があります。多分、どこかで社長のインタビュー記事があるでしょうし、その際には、(普通の経済記者なら)聞くと思いますので、気にしていようかなと。

値つき率が向上したことで、成り行き注文や立会外取引ができるようになった効果はあったようです。今後は先物やオプションが上場されると、さらに効果が出るかもしれませんね。上場企業の利便性もある意味では大事(投資家としても投資対象がなければ投資のしようがない)ですが、投資家の利便性を第一義に競争してほしいと思います。

|

« 西武グループの構造 | トップページ | 大証「会社情報等に対する信頼向上のための上場制度の見直し等について(案)」 »

「Financial Management」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/2559531

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスダック取引所1ヶ月:

« 西武グループの構造 | トップページ | 大証「会社情報等に対する信頼向上のための上場制度の見直し等について(案)」 »