« 安田社長の責任のとり方 | トップページ | 平成17年度税制改正 »

2004/12/15

コクドの責任のとり方

15日付日経新聞「コクド、西武株の売買契約白紙に・70社に代金返還へ」から。

「西武鉄道グループの中核企業コクド(東京・渋谷)は有価証券報告書の過少記載問題に絡み、西武株を売却した企業約70社との売買契約を白紙に戻す方針を固めた。近く株購入企業に、購入代金の返還と西武株の譲り受けを申し入れる。これで購入企業には損失が生じないことになるが、過少記載による株価下落の影響は個人投資家も被っており、特定株主に返金することに不満が出る可能性もある。」

コクドと相対で購入した企業だけを優遇する訳ですから、一般株主の中にも訴訟を提起する動きもあるんでしょうが...。

|

« 安田社長の責任のとり方 | トップページ | 平成17年度税制改正 »

「Business Law (Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40094/2273238

この記事へのトラックバック一覧です: コクドの責任のとり方:

« 安田社長の責任のとり方 | トップページ | 平成17年度税制改正 »